16:24 2020年06月07日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02
でフォローする

米国沿岸警備隊は、ロサンゼルス港とロングビーチ港周辺の南カリフォルニアの海岸沿いに多数の石油タンカーが集まっている状態を監視している。24日、同地域の沿岸警備隊のサイトで発表された。同沿岸警備隊の担当ゾーンは、長さ563キロにわたるカリフォルニアの太平洋沿岸を含む。

沿岸警備隊の発表によると、「23日午後以降、27隻のタンカーが南カリフォルニア沖合に停泊していた」。沿岸警備隊のマーシャル・ニューベリー広報担当は「状況が独特であることを考慮し、沿岸警備隊は停泊中の船舶の安全及び環境保護のために、沿岸警備隊の活動方法を常時分析し、順応させていると指摘した。

なお、沿岸警備隊はタンカーの所属先および、多数のタンカーが集まった理由については明らかにしていない。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、かなりの数の石油タンカーがマルタ、南アフリカ、その他の国の沖合に存在していると報じた。同紙はその理由について、市場の供給過剰と陸地の貯蔵施設の空きスペース不足による石油の長期貯蔵のためにトレーダーが船を使用しているからだと説明している。

関連ニュース

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント