10:08 2020年12月03日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 54
でフォローする

米国防総省は「未確認の現象」をとらえた映像を公式HPで公開した。この映像は戦闘機の乗組員が2004年と2015年1月に撮影したもの。

これらの映像は2007年、2017年に米国防総省の許可を得ず、無断で流出した経歴がある。今回、米海軍は映像がねつ造ではなく、実際に撮影されたものであることを認めた。

米国防総省は、流出した映像が本物なのか、それともこれは別の何かが映っているのかといった社会の憶測、誤解を解くためにこの映像の公開に踏み切ったとし、「動画に捉えられた空中現象は未だに判明されていない」との声明を出した。

米紙「ザ・ヒル」によると、映像には機密情報は含まれておらず、未確認飛行物体のさらなる研究に影響を与えるものではないため、国防総省はこの映像を公開しても差し支えないと判断した。

一方、英紙「ガーディアン」は、今回の映像公開は逆に地球外生命体の存在を確証したことになり、地球外生命体と交信したという最近の報告について「より多くの憶測をかきたてる」と報じている。

関連ニュース

タグ
米国防総省・ペンタゴン, UFO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント