13:21 2020年06月05日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロシア・カムチャツカ半島でクリュチェフスキー山が噴火し、噴煙が7000メートルまで上昇した。ロシア非常事態省カムチャツカ地方局が発表した。

火山灰は北西に向かって広がった。居住地域への降灰は観測されなかった。

クリュチェフスキー火山は高さ4800メートル、ユーラシアの火山で最も高い活火山。山齢は約7千年と推測されている。火山は2019年11月から燃えているが、活動ピークには達していない。

関連ニュース

タグ
カムチャツカ, 火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント