16:36 2020年06月07日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 04
でフォローする

現時点の情報によると、サンクトペテルブルクの病院火災により、人工呼吸器を装着する特別治療室に収容されていた患者が死亡した。

現在、消火作業は終盤に向かっている。非常事態省広報によると、火災面積は10平米という。

同病院緊急医療部によると、死亡したのは人工呼吸器をつけていた患者5人。火災の原因として、電気設備のショートなど不具合が考えられるという。

3月中旬、聖ゲオルギー病院はサンクトペテルブルク市内第1号の感染症対応病院となった。全医療スタッフが急性呼吸器ウイルス感染症および新型コロナウイルス起源を含む肺炎患者の対応のみを行っている。

タグ
新型コロナウイルス, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント