19:15 2020年08月11日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 05
でフォローする

西アフリカのニジェール南東部ディファ市にある軍事基地でイスラム原理主義の過激派テロ組織「ボコ・ハラム」によるテロ攻撃が発生し、12人の兵士が死亡した。ニジェール国防省の発表をもとにAFP通信が報じた。

18日の夜から19日の朝にかけてディファ市の軍事基地がボコ・ハラムの戦闘員に攻撃され、12人の兵士が死亡したほか、10人の負傷が確認された。また、この戦闘ではボコ・ハラム側にも7人の死者が出ている。

隣国ナイジェリアでは「ボコ・ハラム」が勢力を拡大させており、欧米の価値観に反旗を翻しているほか、国内全土で「シャリーア」(イスラーム法)の導入を主張している。

ナイジェリアの周辺国は「ボコ・ハラム」(別名、イスラム国西アフリカ州)を敵対視しており、交戦が続いている。ニジェールの軍事基地に加えられた攻撃も、「ボコ・ハラム」による報復行為とみられている。

関連ニュース

タグ
テロ, ボコ・ハラム, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント