07:09 2020年10月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

カムチャツカのクリュチェフスコイ火山が29日、噴火し、火山灰の高さは海抜6500メートルに上っている。カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

噴煙は南東方向へ200キロに拡がっているという。その通り道にある居住区には灰の雲は拡がっておらず、降灰も記録されていない。

上空航行の危険度を示す標識は、最高度のものの一つである「オレンジ」色となっている。クリュチェフスコイ火山は高さ4800メートル、ユーラシアの火山で最も高い活火山。山齢は約7千年と推測されている。

同研究所広報によると、研究員はクリュチェフ火山の活動モニタリングを常時行っている。昨年から始まった噴火は増えているが、通常よりはスピードはかなり遅いという。火山は2019年11月から燃えているが、活動ピークには達していない。

関連ニュース

タグ
火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント