17:13 2021年01月27日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

3日、チリ北部でマグニチュード6.8の地震が発生。これによる被害は最小で、鉱山開発企業にも損害はでていない模様。

独地球科学調査センターの調べによれば、震源の深さは145キロ。震源地はリチウム、銅の大型採掘工場が立ち並ぶ地域から62キロの地点。

地元アントファガスタ市政府の発表によれば、数か所で小規模の地滑りが起きたほか、送電に支障が出ている。

人的被害は報告されていない。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント