19:56 2020年07月05日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 60
でフォローする

インド・ゴンダルに住む男性、カピル・マラカナさん(30)は生きたまま砂に葬られたが、その後自力で脱出することができた。「ザ・タイムズ・オブ・インディア」紙が現地警察の話をもとに伝えている。

被害者のマラカナさんは乳製品工場で6年間勤務。工場は損失が原因で売却され、最近になり所有者が交代した。工場を手放した前所有者は、損失の非は従業員のマラカナさんにあると考えていた。

復讐心に駆り立てられた前所有者と共謀者はマラカナさんを拉致し暴行。マラカナさんの手足を縛ったうえで生きたまま砂に埋めた。

マラカナさんの動きがなくなったのを確認し、犯人らはその場を去り、自宅で成功を祝った。ところがマラカナさんはその間も生きることを諦めず、砂から這い上がり、脚を片方ずつ解放することができた。

必死の試みを繰り返し、外に出ることができたマラカナさんは近くの刑務所まで走り、警察に事件を報告した。その後、犯人は拘束された。

関連ニュース

タグ
びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント