05:59 2020年08月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (83)
0 72
でフォローする

米ジョージア州・アトランタの警察幹部は12日(金)、アフリカ系アメリカ人レイシャード・ブルックスさん(27)を拘束する際に致命傷を負わせた警察官を解雇した。警察の話をもとにガーディアン紙が報じた。

同紙は、ブルックスさん拘束に加わったもう1人の警察官についても、任務から外されたことを伝えている。

​アトランタでは13日(土)、レイシャード・ブルックスさんが前日に警察官に取り押さえられる際に死亡したことを受け、抗議デモが始まった。警察によると、12日夜、ファーストフード店「ウェンディーズ」前を車両が塞いでおり、車内で男性が眠っているという通報を受けて警察官が現場に駆け付けたという。その男性はブルックスさんで酩酊状態にあり、警察が拘束しようとしたところ警察官からスタンガンを奪い逃走しようとした。警察官は男性に発砲、男性は病院で手術後に死亡が確認された。アトランタ警察のエリック・シールズ本部長は事件を受けて辞表を提出した。

デモ参加者らは13日、路上の自動車に放火し、窓ガラスを壊し、道路を閉鎖した。アトランタ警察は催涙ガスなどを用いて事態収拾を図った。

全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件

これより前、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人ジョージ・フロイドさんが警察による拘束時に死亡したことを受け、全米各地でデモや暴動が相次いでいた。ネットには警察官がフロイドさんに手錠をかけ、3人がかりで上から押さえつけ、そのうち1人はフロイドさんの首を膝で圧迫している動画が拡散されていた。動画にはフロイドさんが何度も息ができないと訴える様子も確認されている。警察官1名は殺人、残る3名も殺人幇助の疑いで起訴されている。

トピック
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (83)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント