07:12 2020年10月01日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 12
でフォローする

中国の孫春蘭副首相は、北京の新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大リスクが非常に高いと考えている。北京の市場では新型コロナの集団感染が判明した。15日、サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。

孫福首相は、市場とその周辺における「最も厳格な疫学調査」と、感染を抑えるための「感染源の綿密な追跡」を呼びかけた。

北京では同市南部の食品卸売市場「新発地」で新型コロナの集団感染が発生しており、新たに計79人の感染が確認された。新発地市場は北京市最大の食品卸売市場で敷地は107ヘクタール、北部の省に食品を供給している。

11日以降に近隣地域の遼寧省で確認された2人の感染者と河北省で確認された3人の感染者も新発地市場と関連があった。

中国国家衛生健康委員会が15日午前に発表した情報によると、中国では14日、新型コロナウイルスの感染者が新たに49人確認された。

コロナウイルスが検出されたため、新発地市場は12日に閉鎖された。約1万人の従業員を対象に抗体検査を実施する計画。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント