18:42 2020年08月10日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03
でフォローする

シンガポールでは今年、デング熱の感染者数が過去最多となる可能性がある。ザ・ストレーツ・タイムズが、シンガポール国家環境庁(NEA)を引用して報じた。

NEAによると、シンガポールでは2020年1月以降、デング熱の感染者が1万4000人以上確認されている。今年の感染者数は、2万2170人が確認された2013年の記録を上回る可能性があるという。また2013年にはデング熱で8人が死亡したが、今年はすでに16人の死亡が確認されている。

専門家らによると、デング熱感染時期のピークは通常5月から9月であるため、シンガポールでは今後も感染者が増加するとみられている。

NEAによると、現在の感染地は334ヵ所だが、3週間前の感染地は205ヵ所だった。また特定の地域では流行が加速している。

デング熱は、亜熱帯および熱帯地域でみられる危険なウイルス性の疾患。主な媒介者はネッタイシマカ。

先にインド洋に浮かぶフランス領マヨット島でデング熱が流行しいていると報じられた。

関連記事

タグ
シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント