05:12 2020年08月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

広い範囲で記録的な豪雨に見舞われている日本では、死者の数が65人に達しており、そのほとんどが九州に集中している。NHKが報じている。

中でも最も多くの死者が出たのが熊本県の59人。さらに2人が心肺停止となっている。川の氾濫で浸水した特別養護老人ホーム「千寿園」では14人もが死亡した。熊本県では10人もの行方不明者がでている。

今回の豪雨は九州、岐阜、長野など西日本、東日本の広い範囲で7月の平年の1か月分の2倍から3倍の雨量を記録し、大きな被害を出している。9日、気象庁は今回の豪雨により1万棟程度以上の浸水家屋など、甚大な被害が出たため、「令和2年7月豪雨」と名付けたと発表した。

関連ニュース

タグ
日本, 災害
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント