22:46 2020年08月13日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 21
でフォローする

米空軍の戦闘機F-16バイパーが13日、米ニューメキシコ州の空軍基地に着陸する際に墜落した。操縦士は緊急脱出し、助かった。米空軍第49航空団が発表した。

第49航空団は「現地時間13日18時頃、第49航空団のF-16バイパーがホロマン空軍基地(ニューメキシコ州)に着陸する際に墜落した。唯一の搭乗者であった操縦士は無事に緊急脱出、軽傷を負ったため医療援助を受けている」と発表した。

現在、墜落の原因について調査が行われている。

FOXニュースによると、米国で戦闘機が墜落するのは5月以降5回目

今月1日には戦闘機F-16CMが訓練飛行中にショー空軍基地(サウスカロライナ州)で墜落し、操縦士が死亡している。

関連ニュース

米国 ポーランド駐留軍を急激に増加

タグ
事故
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント