05:57 2020年08月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 04
でフォローする

京都府警は23日、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の女性(当時51)から依頼を受け薬物を投与して殺害したとして、医師の大久保愉一(42)および山本直樹(43)の2人を嘱託殺人容疑で逮捕した。時事通信が伝えている。

京都府警によると、両容疑者は女性の担当医ではなく、面識もなかったという。インターネット交流サイト(SNS)で知り合ったとみられている。

捜査関係者によると、両容疑者は女性から依頼を受け、昨年11月30日夕方、京都市中京区の女性の自宅マンションに出向いて薬物を投与し、殺害した疑いがもたれている。

女性は1人暮らしで、24時間体制でヘルパーのケアを受けながら暮らしていた。大久保容疑者らが現場から立ち去った後に女性の容体が急変。同日、搬送先の病院で死亡が確認された。体内から普段服用していない薬物成分が検出された。自宅防犯カメラの映像から、警察が両容疑者を特定した。

ALSは脳や脊椎の神経細胞が死滅し、全身の筋肉が徐々に弱っていく病気。根本的治療法は確立されていない。

関連ニュース

タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント