06:56 2020年09月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
ベイルートの大爆発  (21)
0 31
でフォローする

レバノン政府は、大規模爆発が発生したベイルートの港湾管理局を自宅監禁する指示をだした。テレビ局LBCIが報じた。

レバノンのメディアは、2014年から爆発性資材の保管や警備、検査を担当している港湾管理局のすべての職員が自宅監禁となると報じた。

​当局によれば、2750トンの硝酸アンモニウムの不適切な保管が爆発の原因であり、市街地の建物の半分が倒壊し、病院は負傷者であふれているという。レバノン政府は、今後3日間、惨事の犠牲者を追悼すると発表した。最新の情報では、この爆発事故で113人が亡くなり、4000人超が負傷した。また、現在も多くの人たちの消息が分かっていない。


8月4日、ベイルートの港で大規模な爆発が発生し、その際に生じた爆風が街を襲った。最新情報によると、100人以上が死亡した。爆発の影響からたくさんの建物が壊れ、窓ガラスが割れる事態となった。爆発原因についてはまだ公式な発表はない。5日には国内で哀悼の意が表されることとなった。

関連ニュース

トピック
ベイルートの大爆発  (21)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント