13:29 2020年11月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

大西洋に臨むフランス北部の湾岸都市ル・アーヴルで人質をとった立てこもり事件が発生し、駆けつけた警察の特殊部隊が犯人の拘束に成功した。容疑者には前科があり、危険人物としてフランス政府のブラックリストに登録されていた。ロイター通信が警察の消息筋による証言をもとに報じた。

報道によれば、容疑者の男には前科があり、危険人物としてフランス政府のリスト(fiche S)に登録されていたという。容疑者の要求は明らかではないものの、一部メディアの報道によれば、男は犯行現場から逃走するため、車の手配を要求していたという。

容疑者は特殊部隊の作戦により拘束され、解放された人質にケガはない。

ロイター通信によると、容疑者はパレスチナ問題に関心を持ち、パレスチナ国民の生活環境は改善される必要があるとの主張を展開していた模様。

先にル・アーヴル市中心部の銀行で34歳の男が人質を取ったとの報道が流れた。犯人は5人の人質を取って銀行に立てこもっていた。事件発生から3時間後、犯人は人質のうち2人を解放した。警察は現場周辺を包囲しており、特殊部隊が現場に駆け付けたとの報道があった。

関連ニュース

タグ
事件, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント