20:33 2020年11月30日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03
でフォローする

ロシアのノリリスク(中央シベリア)の熱併給発電所での事故処理の際に原油の流出が発生した。ロシア連邦天然資源監督局のプレスサービスで発表された。

臨時保管所への原油の汲み移しの際に施設職員らがバルブを閉め忘れ、燃料の一部が流れ出た。

中間報告によれば、原油1立方メートルがアムダルナヤ川に流れだした。

ロシア企業「ノリリスク・ニッケル」所有の熱併給発電所での事故は5月29日に発生。原油貯蔵所の基盤の支柱の急激な沈下により、約2万1000トンの燃料がアムダルナヤ川に流出した。刑事告発がされ、同施設職員らが拘束された。

関連記事

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント