07:32 2020年10月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 05
でフォローする

7月末にインド洋の島国モーリシャスの沖合で座礁した日本の商船三井の大型の貨物船「WAKASHIO」から周辺に大量の油が流出していることがわかった。NHKが伝えた。

7月26日、中国からシンガポール経由でブラジルに向かう貨物船「WAKASHIO」がインド洋の島国モーリシャスの沖合で座礁した。

商船三井は7日、救助作業中の6日に貨物船から燃料油が流出したことが確認されたと発表した。商船三井は「関係当局と連携し、早期の事態解決に向けて全力で取り組む」とコメントしている。

米衛星会社「マクサー・テクノロジーズ」が撮影した衛星画像によると、流出がモーリシャスの自然への深刻な被害を与えている。

​報道によると、モーリシャス政府は国連に対して要員派遣など緊急支援を求めた。

これより前、ノリリスクの「ノルニッケル」社の第3火力発電所ではディーゼル燃料タンクの流出事故が起きていた。計20,000立方メートルのディーゼル燃料が流出、事故による被害者はいなかった。

関連記事

ロシアのシベリア軽油流出:北極圏最大の事故は始まりに過ぎない?

タグ
環境, 災害, 事故, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント