17:57 2020年09月29日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 04
でフォローする

コンゴ民主共和国東部の北キヴ州でイスラム原理主義のテロ組織「民主同盟軍」(ADF)が農村を襲撃し、12人を殺害した。AFP通信が報じた。

テロ事件は8月20日に発生した。北キヴ州の農村で民間人が農作業中だったところにADFの戦闘員らが襲撃を行ったと見られている。政府は被害状況の調査を行い、その過程で22日に12人の遺体を確認した。北キヴ州政府がAFP通信の取材に応じた中で明らかにした。

「民主同盟軍」は1995年に結成され、シャリーアに基づく国家樹立を目的としてコンゴ民主共和国や隣国ウガンダを拠点に反政府活動を開始した。ウガンダの反政府組織やイスラム原理主義の戦闘員らが多く合流しており、ウガンダ政府はテロ組織に指定している。

2001年にウガンダ軍の掃討作戦で幹部の多くが死亡したが、残存勢力はコンゴ民主共和国東部・北キヴ州に逃亡し、勢力は約1,000~2000人とされている。

ADFは2014年以降,北キヴ州などで村落への襲撃を継続しているほか、2018年には同州で国連コンゴ民主共和国安定化ミッション(MONUSCO)部隊や治安当局などに対する襲撃を繰り返した。2017年には過激派組織「ダーイシュ(イスラム国、IS、ロシアでは活動禁止)」への合流を表明し、2019年にはコンゴ民主共和国で起こったテロについてダーイシュが初めて犯行声明を発表した。

関連ニュース

タグ
テロ, ダーイシュ, ISIS, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント