09:20 2020年09月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 22
でフォローする

米国カリフォルニア州チュオラム市のティーンネイジャーが充電器の爆発から夢の中で火事となった。しかし、この青年は途方に暮れることなく、自ら事故に対応した。ソーシャルメディアのLADBibleが報じた。

コルトン・ピングリ君(15)は充電中の携帯を枕に置いて眠りについた。深夜2時半頃に青年は床で目を覚ましたが、背中の刺すような痛みと焦げる匂いに気付いた。

青年は、「僕は周りを見回して、毛布2枚と枕が燃えているのに気付いたんだ」と当時のことを回想した。「文字通り充電器の爆発が僕をベッドからはじき出したんだ。 びっくりして目が覚めたよ」。

彼は素手で火を消そうとし、そのあと水の入った瓶をつかんでナイフでふたに穴を開け、くすぶっている所に水をかけ始めた。まだ火がついている充電器を気をつけながらつかみ、便器の水の中に放り込んだ。そうした後、青年は父親を起こして、起こった事態について話しをした。

父親によると、爆発によりコルトン君は背中と腕に二度の大火傷を負い、病院で治療を受けた。

彼はインターネットで買った中古充電器を使っていたという。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント