15:33 2020年09月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 05
でフォローする

ウガンダ北東部の最も危険な人物が収容される刑務所から200人を超える受刑者が脱走。その際に軍人1名が殺害されている。17日にケニア紙「Nation」が報じた。

同紙はジョンソン・ビヤバシャイン矯正局長の「9月16日、モロト市刑務所の受刑者グループが警備員に襲い掛かり、拳銃15丁を奪い脱走した」との発言を掲載。グループに他の受刑者も続き、脱走者は計219人となったという。

脱走者は現在ジャングルに隠れており、捕獲作戦のために軍の部隊が現地に到着した。軍は現地住民らに平静を保つよう呼びかけている。

モロト市刑務所には重大犯が収容されている。軍によると、今のところ脱走者3人を拘束。さらに1人を無力化したという。

関連ニュース

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント