18:58 2020年10月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 41
でフォローする

ペルー国家警察の空挺降下部隊は、麻薬取締局と合同で特別作戦を実施し、南部アヤクーチョで433キロのコカインが埋められた隠匿場所を発見した。Comercio紙が伝えた。

記事によると、押収された433キロのコカインは、ウアンタ州の居住区ロサリオ・サンティリャン郊外に、袋に詰められた状態で土の中に埋まっていた。

地上部隊とヘリコプターが参加して行われた特別作戦では、複数の隠匿場所が見つかり、土の中から高純度コカインが入った袋が11個、発見された。袋にはバットマンとマチュピチュのロゴが入っていた。コカインの入った袋はツルハシとシャベルを使って、掘り出された。

世界のコカの生産量の90%以上がコロンビア、ペルー、ボリビアで構成されるいわゆる「アンデスの三角地帯」に集中している。

関連記事

タグ
ペルー, 麻薬
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント