08:03 2020年10月25日
災害・事故・事件
短縮 URL
ナゴルノ・カラバフの状況 (36)
0 02
でフォローする

未承認国家「ナゴルノ・カラバフ共和国」首都ステパナケルトでは、砲撃に続き一連の爆発が起こった。スプートニク通信特派員が伝えている。

市民は地下に避難している。

10月4日、ステパナケルトでは新たな砲撃が開始、市内中心部では一連の爆発も確認された。ナゴルノ・カラバフ外務省によると、砲撃により民間人に被害者が出ているという。

ステパナケルトでは空襲サイレンが鳴り、一時的に通信と電気が遮断された。市民は地下に避難した。

これより前、欧州安全保障協力機構(OSCE)ミンスクグループ共同議長国である露米仏の各首脳はナゴルノ・カラバフにおける即時停戦を呼びかけた。この呼びかけにメルケル独首相も参加。プーチン露大統領、トランプ米大統領、マクロン仏大統領は犠牲者・負傷者の家族に哀悼の意を表した。首脳らはアルメニアとアゼルバイジャンに対し、無条件の交渉再開を求めている。

関連ニュース

トピック
ナゴルノ・カラバフの状況 (36)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント