13:36 2020年10月30日
災害・事故・事件
短縮 URL
カムチャツカ海域の大惨事 (7)
0 05
でフォローする

カムチャッカ沿岸での水質検査で高濃度の汚染物質レベルが記録された。ロシア天然資源・環境省が分析を実施し、メディアが同省プレスサービスを引用し報じた。

得られたデータによれば、サンプルでは鉄の含有が6.7倍に、フェノールが2.9倍、リン酸塩が10.8倍に上昇した。

海底の沈殿物に対する科学分析は今後行われる予定で、試験準備のための必要手続きが整い次第実施される。その後、専門家らは石油製品や重金属、シアン化物やベンゾピレン、他のポリアレーンのような危険な汚染物の濃度について明らかにする。

10月のはじめ、魚や海洋生物の大量死がハラクティルスキー海岸や他の3つの湾で発生したと報じられた。事故は社会的な注目を集め、事態に対する公式な調査が開始された。

関連ニュース

トピック
カムチャツカ海域の大惨事 (7)
タグ
事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント