02:54 2021年01月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 06
でフォローする

世界遺産に登録されているベルリンの「博物館島」では何者かが複数の展示品に油のような液体をばらまく事件が発生し、所蔵されている古代から現代の芸術品のうち、70点が被害にあった。ドイツの日刊紙Die Zeitが報じた。

事件は10月3日に発生しており、博物館側はこれまで事件について情報を公開してこなかった。ドイツメディアの報道によると、何者かが油のような液体を展示品にばら撒いたと見られている。

​被害はペルガモン博物館、新博物館、旧ナショナルギャラリーで発生しており、古代エジプトの石棺や19世紀の石像・絵画など、あわせて70点の展示物が被害を受けた。

被害状況についてはベルリン警察、およびプロイセン文化遺産財団も確認を進めている。

関連ニュース

タグ
事件, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント