12:48 2020年11月27日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 100
でフォローする

ロシア連邦保安庁はモスクワ地区でのテロを未然に阻止した。作戦遂行の際、同機関は中央アジア出身の男を拘束した。男は当局の施設の1つを爆破しようとしていた。

情報によれば、保安庁が拘束したのは1999年生まれの男性。

調査によれば、国際テロ機関の隊員らの指示にもとづき、男は当局機関の建物の1つで自作の爆弾を爆発させようと準備していた。

同保安局によれば、この男はその後、テロリスト側で戦闘するため中東に渡ろうと考えていた。

男のアジトでは自作爆弾の部品の他、戦闘員らとの連絡や爆弾製造の説明書、テロ指導者への忠誠動画が発見された。

どこでいつ爆破テロを起こす予定であったかは今のところ不明で、捜査が続けられている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント