20:53 2020年11月30日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

コロナウイルス検査で陽性反応が出たウクライナのゼレンスキー大統領が入院したという。

またアンドレイ・エルマーク大統領府長官も入院。同長官顧問の話としてウクライナメディアが伝えている。

11月9日、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領がコロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患したことが明らかになった。

ウクライナ政府は11月14日から30日まで外出自粛措置を導入すると決定。カフェやレストラン、バー、ショッピングセンターの営業は禁止される。また文化施設、スポーツ施設、フィットネスセンターも同様の措置となる。

公共交通、薬局、日常に必要不可欠な施設の営業は認められている。

関連ニュース


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント