14:28 2020年11月29日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

エジプトの首都カイロ中心部タハリール広場で12日、エジプト人男性が自分の体に火をつける出来事があった。カイロの警察筋によると、男性は重傷を負い、最寄りの病院に搬送された。

SNSでは、エジプト人男性本人と目撃者が撮影した動画が拡散された。男性はFacebookでもライブ配信した。

男性はある動画で、自身についてムハンマド・ホスニ・アル=ガリブ・ムスタファと名乗り、監査分野の専門家であり、輸出開発銀行で働いていたとしている。

男性は、汚職の事実を明らかにし、国に2500万エジプト・ポンド(150万ドル超)を返すことができたが、解雇され、その後、男性の家族に対する迫害が始まったと述べている。この動画は後に削除されたが、一部はネット上で拡散された。

通行人や警官が男性を止めようとしたが、男性は誰にも近づくことを許さず、暴露のフレーズを叫び、自分の体にガソリンをかけ、火をつけた。

2011年と2013年の政治的および革命的な出来事の中心地となったタハリール広場では現在、警察の警備が強化されている。

閲覧注意!この動画には暴力的な場面が含まれているため、16歳未満、妊婦の方、気の弱い方はみないでください。

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント