07:34 2021年09月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 16
でフォローする

オランダの裁判所は、2014年にウクライナ東部でのマレーシア航空17便の撃墜事件の調査を行っている。25日、裁判官の1人は、裁判所は事件に関するいくつかの案を検討することを予定しておらず、予審判事らによって叙述された航空機はロシアの地対空ミサイルシステム「ブーク」によって撃墜されたとする案を審議すると表明した。

裁判官の1人は、事件に関する別のシナリオの正しさを証明する任務は弁護側に課されていないと指摘した。

同裁判官によれば、すでに彼らの依頼人に提起された具体的訴訟が根拠のないものであることを単に証明しようとすることは可能だという。

マレーシア航空ボーイング777機アムステルダム発クアラルンプール行きは、2014年7月17日にウクライナ東部ドネツク州の上空で撃墜された。調査では、同機はロシアの地対空ミサイルシステム「ブーク」によって撃ち落されと推測され、また2019年には事件に関与したとして3人のロシア人とウクライナ人1人の4人の容疑者が発表された

ロシアは何度もこの航空便の撃墜事件への関与を否定している。

関連ニュース

タグ
オランダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント