10:41 2021年01月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03
でフォローする

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」がナイジェリア北西部ザムファラ州で軍の司令官を乗せた車両を襲撃し、少なくとも8人が死亡した。ナイジェリアの日刊紙「バンガード」が伝えた。

報道によれば、武装勢力の戦闘員らが政府の車両を襲撃した。同地域では300人以上の男子生徒らが誘拐される事件が起こったばかりだった。

今回の事件では3人の警官が死亡した。襲撃された車両に乗っていた司令官にケガはなかった。

ボコ・ハラムは欧米の価値観に反旗を翻しているほか、国内全土で「シャリーア」(イスラーム法)の導入を主張している。

ニジェール、カメルーン、チャドなど、ナイジェリアの周辺国はボコ・ハラムを敵視しており、治安当局との間で交戦が続いている。

関連ニュース

タグ
ボコ・ハラム, 事件, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント