09:22 2021年01月28日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

22日、カムチャツカのシベルチ火山が、8000メートルの高さまで噴煙を噴き上げた。集落での降灰は確認されていない。ロシア非常事態省カムチャツカ地方が、ロシア科学アカデミー極東支部カムチャツカ火山噴火対応チーム(KVERT)と、ロシア科学アカデミー統一地球物理学局カムチャツカ支部を引用して発表した。

前日、カムチャツカ半島にあるクリュチェフスカヤ火山が、海抜7000メートルの高さまで噴煙を吹き上げた。

火山灰は北東に向かって42キロまで広がった。居住地域への降灰は観測されなかった。

火山周辺の上空には国際航空各社の飛行ルートは通っておらず、団体旅行も火山周辺では行われていない。

関連記事

タグ
火山, カムチャツカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント