17:27 2021年01月18日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

クリル諸島パラムシル島のエベコ山が30日午後、2000メートルの高さまで噴煙を吹き上げた。ロシア非常事態省サハリン州支部が発表した。

同支部は「12月30日午後、ロシア非常事態省サハリン州支部の危機管理センターに、エベコ火山で噴煙が高さ2000メートルまで上がったとの情報が入った」と発表した。

非常事態省によると、火山灰は東へ5キロ以上にわたって広がり、パラムシル島セベロクリリスクで少量の降灰が観測された。硫化水素の臭いは感じられず、 生命への脅威もないという。

エベコ山では2016年10月20日から定期的に低~中程度の噴火が起こっている。エベコ山で最も大規模な噴火が発生したのは2018年8月31日で、6000メートルの高さまで噴煙が上がった。

関連ニュース

タグ
クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント