18:32 2021年09月22日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13
でフォローする

イエメンのアデン市にある政府宮殿近くで爆発音が轟いた。地元住民とメディアを引用しロイター通信が報じた。

ニュース局「Sky News」によれば、この間に選任された政府の大臣らが集まる建物の区域でミサイルまたはドローンによる攻撃が行われた。

これより前に空港の到着ホールのエリアで一連の強力な爆発が発生している。ちょうどその時、リヤドからアデンに到着した新政府メンバーが飛行機を降りるところだった。

通信社「スプートニク」の情報筋によると、最初の事件は、イエメン南西部のタイズ州の反乱軍「アンサール・アッラー(フーシ)」によって支配されている地域からのミサイル攻撃によるという。テレビ局「SkyNews Arabia」は、爆発直前にアデン市の空港の上空でドローンが確認されていると報じた。

攻撃により22人が死亡し、50人以上が負傷している。 閣僚らにケガはなく、政府の宮殿に移動させられた。治安部隊によって空港建物とその周辺地域が封鎖された。

アデン市は国際レベルで承認されたイエメン当局の臨時の首都とされた。

タグ
イエメン, 爆発
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント