10:03 2021年01月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 30
でフォローする

カムチャッカ上空の大気中で隕石の爆発があったことが確認された。スプートニク通信の取材に対し「ロシア科学アカデミー統一地球物理学サービス」連邦研究センターカムチャッカ支部長が語った。

専門家らは目撃者が撮影した動画をもとに、隕石が大気に突入するシグナルを探し始めた。尚、この動画はSNSで広く拡散されており、隕石が飛んでいる様子と爆発の瞬間が捉えられている。

専門家が行ったシグナル解析から、隕石の直径は10メートル以下、爆発エネルギーはTNT換算で1-5キロトンの範囲であったと推測されている。爆発前に隕石は大気の密な層で55秒間動きを続けた。

関連ニュース

タグ
宇宙, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント