10:59 2021年02月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02
でフォローする

和歌山県かつらぎ町の養豚場でブタの伝染病のCSF(豚熱)が検出された。日本メディアが伝えた。

同県によると、24日、かつらぎ町の養豚場で6頭を検査機関で調べたところ、26日にいずれも豚熱への感染が確認された。6頭は今月8日にワクチンを接種したという。

和歌山県の養豚場で豚熱が確認されたのは1971年以来。12月、山形県と三重県の養豚場でも豚熱の感染が確認されていた。

今月、ロシア連邦獣医植物検疫庁の沿海地方支局は、同地方のチェルニゴフ地区でアフリカ豚熱ウイルス(ASFウイルス)が再び検出されたと発表していた。

関連記事

タグ
動物, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント