11:09 2021年02月28日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13
でフォローする

モスクワ都心のトベルスカヤ通りで1月31日に実施された無許可の集会で男性が自らに火を放ち、自殺を図った。警官や通行人が駆けつけ、火を消し止めたことにより男性は一命をとりとめた。ロシア内務省の発表で明らかになった。

目撃者の情報によると、男性はトベルスカヤ通りのマクドナルド近くを歩いていたところ、取り出した瓶から液体を浴びて火を放ったという。

男性は救急車で病院に搬送され、処置を受けている。現時点で男性に意識はなく、火傷は体表の60パーセントに及んでいる。

関連ニュース

タグ
事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント