00:56 2021年03月09日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

メルセデス・ベンツは、緊急時自動通報システム「eCall」の誤操作により130万台以上をリコールする。AP通信が、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の声明を引用して伝えている。

先に、メルセデス・ベンツでは、緊急時自動通報システム「eCall」が自動車の位置情報を誤って送信し、欧州で事故が発生したことが明らかになっていた。同社は2019年10月に調査を開始し、他にも同様のケースを発見した。その際、同社の代表は、米国では事故は確認されていないとしていた。

リコールの対象となるのは2016〜2021年製の車両で、CLA、GLA、GLE、GLS、SLC、A、GT、C、E、S、CLS、SL、B、GLB、GLC、Gなど。ダイムラーもまた、2016〜2021年製のバン「Metris」と2019〜2020年製のバン「Sprinter」のリコールも発表した。

さらに、メルセデス・ベンツは自動車の所有者に通知し、ソフトウェアシステムを無料で更新すると明らかにした。リコールは4月6日に開始する予定。

関連ニュース

タグ
事故, 米国, 自動車
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント