07:34 2021年04月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 20
でフォローする

充電中のiPhoneの発火を原因とする火災で夫婦2人が死亡したとして、遺族が輸入元のAppleジャパンへの訴訟を名古屋地裁に起こした。朝日新聞が報じた。報道によれば、この訴訟では損害賠償として約1億4000万円が求められる。

火災は2019年秋に愛知県で発生し、就寝中の夫婦が亡くなっている。消防などの調査では、火災の原因は充電器につながれたiPhoneとみられるが、出火原因に関しては特定に至らず不明とされた。

遺族側は火災原因をiPhoneの欠陥による発火と主張し、同社に製造物責任法(PL法)にもとづく賠償責任を求めている

関連ニュース

タグ
日本, Apple, iPhone
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント