18:07 2021年04月11日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 40
でフォローする

フィンランド安全保障諜報機関(SUPO)は中国のハッカー集団APT31が2020年秋にフィンランド議会の情報システムに攻撃し、サイバースパイ行為を行っていた事実を摘発した。SUPOが3月18日に明らかにした。

ヘルシンキ・サノマット紙がサイバーセキュリティのCheckpoint およびFireEye両社のデータを引用して報じたところによれば、同ハッカー集団は中国の国家絡みのサイバー作戦に関与している。

ヘルシンキ・サノマット紙は「フィンランド安全保障諜報機関(SUPO)は昨年、議会のITシステム潜入を図って行われたサイバースパイ行為が中国の国が主導する作戦であったことを見破った。SUPOは諜報データではAPT31がその攻撃の主犯だ」と報じている。

フィンランド安全保障諜報機関は議会に対し、これ以上のサイバー攻撃を許さないための情報を提供し、国家サイバーセキュリティセンター(NCSC-FI)に情報を提出し、国立調査局(NBI)に事態を通報した。

APT31は2020年6月、トランプ、バイデン両陣営の職員へのサーバー攻撃未遂にも関与している

関連ニュース

タグ
フィンランド, 中国, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント