07:12 2021年04月21日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 18
でフォローする

現地時間で8日未明、イスラエル空軍がシリアの首都ダマスカス南部に空爆を実施した。シリア軍はこれに対し、防空システムで対応している。 国営シリア・アラブ通信(SANA)が報じた

報道によると、イスラエル空軍は現地時間で8日の午前0時56分(日本時間の6時56分)にシリアの首都、ダマスカス南部に空爆を行った。

​​空爆はイスラエルが実効支配するゴラン高原、およびレバノン領空から行われた模様。

​​​シリア政府によると、国防軍はミサイルの多くを撃墜したという。​ただし、ミサイルの一部は着弾し、被害が発生している。この空爆により、シリア兵4人が負傷した。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, イスラエル, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント