13:34 2021年05月06日
災害・事故・事件
短縮 URL
筆者 :
0 01
でフォローする

現地時間で25日午前1時すぎ、鹿児島市の桜島で爆発的な噴火が起き、火砕流が火口からおよそ1.8キロ流れ下った。気象庁は火口周辺警報を改めて発表し、住民に警戒を呼びかけている。現時点で負傷者などの情報は入っていない。NHKが報じた。

気象庁によると、25日午前1時9分ごろ、鹿児島市の桜島で爆発的な噴火が起き、噴煙が火口から2300メートルの高さまで上がったほか、火砕流が南西方向におよそ1.8キロ流れ下ったのが確認された。​桜島では火口から2.5キロ余り離れたところに集落が点在している。警察や消防などによると、被害の情報は入っていないという。

 

桜島で火砕流が発生したのは2018年6月以来初めて。その際、火砕流は1.3キロ流れ下りていた。鹿児島地方気象台は25日現地に職員を派遣し、調査を行う。

関連ニュース

タグ
災害, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント