04:47 2021年05月18日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 12
でフォローする

米ホワイトハウスは28日、インドの新型コロナウイルス感染者の数が増えたことを受け、1億ドル超相当の関連物資を提供すると発表した。ロイター通信が伝えた。

ホワイトハウスの報告書では「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)初期に米国の病院が逼迫していた際にインドが支援物資を米国に送ったように、米国はインドが必要な時に支援を行う決意だ」とされている。

ホワイトハウスによると、29日から、酸素ボンベ1000本、100万回分の検査キットや英アストラゼネカ製新型コロナワクチンの2000万回分などの物資がインドに到着する。

インドでは新型コロナウイルス感染者が増加し、28日に死者数累計20万人を超えた。インドでは病床不足に陥っており、人工呼吸器も足りない。首都ニューデリー市政府は4月26日まで市全域でロックダウン(都市封鎖)を行っていた。

これより前、インドに中国が感染対策に必要な支援提供を申し出た

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント