15:52 2021年09月25日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 62
でフォローする

スペインは、アフリカ大陸の北岸に位置するスペインの自治都市セウタで、軍と警察を動員した。セウタには1日で5000人という記録的な数の移民が海を経由して到着した。そのうち1500人が未成年者。移民たちは欧州を目指し、泳ぐなどしてまずセウタにたどり着いた。ロイター通信が報じた。

大勢の若者を含む移民たちが到着し、なんとかして国境を越えようとしたり、警察との衝突などが起こった。

移民の大量流入を受け、スペイン当局は、この問題を解決するために軍を動員した。またセウタでは、警察官や市民警備隊が増員された。すでに約1500人の移民がモロッコに送り返されたという。当局は、状況が安定するまで不法移民の祖国への返還を続けると強調した。

​セウタは、半飛び地。アフリカにあるスペイン領で、自治都市の地位を有する。地理的な理由から不法移民の問題に直面することが多い。

関連ニュース

タグ
移民, 事件, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント