03:35 2021年06月19日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02
でフォローする

23日午前、成田空港発台北行きの日本航空6729便ボーイング767が、機体の不具合から関西空港に緊急着陸したことが明らかになった。貨物便として運航しており、乗客はいなかった。共同通信が伝えている。

シェレメチボ(モスクワ)-羽田(東京)間の初飛行を終えたボーイング787ドリームライナー
© Sputnik / クリスティーナ・サヴィツカヤ
日本時間午前10時10分に成田空港を出発した日本航空6729便ボーイング767は旅客機だが貨物を搭載し運航。乗客はおらず、乗員2人にけがなどはなかった。

日本航空によると、出発30分後に機内の気圧を一定に保つ「与圧」の不具合を示す警告が出たため、行き先を関西空港に変更したという。

関連ニュース

タグ
飛行機, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント