23:50 2021年06月22日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03
でフォローする

中国の甘粛省で開催された100キロのウルトラマラソンクロスカントリー大会で、参加者21人が死亡した。いずれも死因は低体温症とみられている。死者の中には、中国記録保持者のリャン・ジン氏も含まれていた。

新浪(Sina)によると、22日午前、甘粛省白銀市で山の中を走る100キロのウルトラマラソンクロスカントリー大会が開催された。現地時間13時頃、スタート地点から20キロと30キロの間の高地でひょうが降り始めたり、氷雨や強風など天候が急変した。

主催者は大会を中止し、1200人の救助隊を派遣した。山の気温はほぼ0度まで下がったが、参加者らは軽装だったという。

大会には172人が参加。救助隊は23日朝までに最後の行方不明者を発見、計21人が死亡した。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント