18:23 2021年06月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13
でフォローする

日本時間27日夜、愛媛県沖で日本の貨物船「白虎」が外国船籍の船と衝突し、「白虎」の乗組員3人の行方が分からなくなっている。現在、海上保安庁が沈没した船内など現場付近で捜索にあたっている。 NHKが報じた。

NHKの報道によると、愛媛県今治市の来島(くるしま)海峡付近で日本時間27日11時55分ごろ、兵庫県神戸市の「プリンス海運」が運航する貨物船「白虎」(約1万1000トン)とマーシャル諸島船籍のケミカル船「ウルサン・パイオニア」(約2700トン)が衝突したと通報があった。

これにより貨物船「白虎」は転覆し、衝突から約2時間40分後に沈没した。

今治海上保安部によると、乗組員12人のうち9人は既に救出され市内の病院へ搬送されたが、残りの3人の行方が分かっていないという。

​なおケミカル船「ウルサン・パイオニア」は沈没しておらず、乗組員13人に怪我はなかった。

現場では、28日午前中から海上保安庁の特殊救難隊が沈没した船への潜水を開始したほか、海上保安部が巡視艇を派遣するなどして3人の捜索活動を行っている。

関連記事

タグ
事故, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント