06:14 2021年06月14日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米テネシー州で29日、小型飛行機が湖に墜落し7人が死亡した事故で、テレビシリーズ『ターザン』でターザン役を演じた俳優ジョー・ララさん(58)が犠牲者に含まれていたことがわかった。地方紙「テネシアン」が、当局からの声明を引用して報告している。

ラザフォード郡消防救助隊は30日、小型飛行機「セスナC501」が、州都ナッシュビル近くの湖に墜落し、7人が死亡したと発表した

​当局によれば、犠牲者の中にはジョー・ララさんと妻のクヴェンさんが含まれていた。

​米連邦航空局(FAA)は、ララさんを含め、飛行機の操縦免許を持っている乗客はいなかったと指摘した。ララさんは以前、操縦免許を取得したものの、2017年以降新しい医療記録を提出していなかった。

ララさんは主に1990年代、さまざまなテレビシリーズに出演した。

関連ニュース

タグ
俳優, 飛行機, 事故, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント