03:27 2021年06月19日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 12
でフォローする

スリランカが史上最悪の海洋汚染の危機に晒されている。スリランカ近海で5月20日、シンガポールから航行中のコンテナ船「MV X-Press Pearl」から火災が発生。ほとんどのコンテナ船には化学物質が積まれており、同船も例外ではない。BBCの報道によると、同船が沈没すると燃料タンクから数百トンの原油が海洋に流出し、大規模な環境事故につながる恐れがあるという。

スリランカとインドの海軍は共同で鎮火作業にあたり、船の沈没を防ごうとしているが、何度となくモンスーンの妨害にあっている。すでに沿岸部には同船由来のプラスチックが数トンほど流れ着いている。

生態学者のアジャンタ・ペレラ氏は、同船の沈没は「最悪の環境シナリオ」を招くと強調する。化学薬品と石油を積んだままコンテナ船が沈むことがあれば、海底が破壊される、と語る。

同船の火災の原因は硝酸漏れと考えられている。スリランカ海洋環境保護局のドハルシャニ・ラハンダプラ局長、またシンガポール「X-Press Shipping」社は、コンテナ船乗組員はスリランカ領海に入る前に硝酸漏れを知っていたと主張している。5月25日、スリランカのカンチャナ・ヴィドジェセケラ水産貿易相は船上で大爆発が起こったことを発表した。

コンテナ船「MV X-Press Pearl」は肥料や爆薬の製造に使う高濃度腐食酸25トンを運搬していた。乗組員25人の国籍はインド、中国、フィンランド、ロシアで、全員がすでに避難した。


関連ニュース

タグ
スリランカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント