19:44 2021年07月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本の警視庁は、依頼人の保険金およそ600万円を着服したとして、「東京弁護士会」に所属する弁護士、永井博也容疑者(46)を逮捕した。NHKなどの日本のマスコミが報じた。

NHKが警視庁を引用して報じたところによると、永井容疑者は、交通事故に遭った依頼人のために預かっていた保険会社からの損害賠償金およそ600万円を横領した疑いが持たれている。

容疑者は、調べに対し容疑を認め、「競馬などで多額の借金があり、その返済にあてた」と供述しているという。

依頼人には永井容疑者から250万円が振り込まれたが、金額が少ないことを不審に思った依頼人が保険会社に問い合わせるなどして発覚したという。

関連ニュース

タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント