03:54 2021年08月06日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13
でフォローする

27日、コンゴ民主共和国東部のベニ市(北キブ州)にあるカトリック教会で即席爆発装置が爆発した。バロンズが、現地当局の発表を引用して報じている。

同市の警察署長によると、爆発が起きたのは現地時間の午前6時。子どもたちの堅信式が始まる1時間前のことだったという。この爆発で2人が負傷した。

​国連コンゴ民主共和国安定化ミッションの専門家によると、この爆弾は待ち伏せ用に用意された自家製のものだという。

コンゴ東部では、様々な反政府勢力や武装勢力が活動している。

関連ニュース

タグ
国連, 爆発, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント